タイでの不動産投資について

今回はタイでの不動産投資についてまとめてみました。最近の政情不安定でマイナス要素もありますが、それでもタイの建築ラッシュは続いています。

1) タイ王国について

タイは歴史と伝統を有する古くからの独立国です。17世紀頃からアユタヤに日本人町も形成されるなど日本とは古くから親好が厚く、タイの王室と日本の皇室は歴史的に縁も深いと言われています。タイの面積は日本とほぼ同じで、人口は約6500万人。和食をはじめイタリアンやフレンチなど各国の料理が揃っており、日本人にとっても住み易い環境です。現在バンコクに滞在する日本人の数は常時5万人から6万人と言われています。日系企業の進出数は約8000社です。 新規にタイに進出している日系企業も多く、この勢いはまだ止まる気配はありません。

2) タイの経済成長

タイの経済成長率はここ数年5から7パーセントと非常に高い数値で推移しています。国民一人当たりのGDPも5,000USドルを超え、順調な伸びを見せております。

タイに進出している日系企業は主に「物作り」を行う企業です。トヨタ自動車、本田技研、日産自動車といった自動車メーカーをはじめ、東芝やソニーなど電機メーカー、東京三菱UFJ、SMBCといった日本のメガバンクもタイに進出しています。

3) 不動産市況

タイはここ10年の経済成長を背景にミドルアッパー層が急激に増加し、それに伴いコンドミニアムや一戸建てを購入することが出来る層が増えて来ました。それに伴い土地代やコンドミニアムの販売価格が高騰しています。特に20代から30代の若年層はコンドミニアムを購入する傾向が強くなっています。富裕層による投資用コンドミニアムの購入も増加しており、価格の高騰の一因にもなっています。

4) インフラ

現在タイの鉄道はBTSと呼ばれるスカイスカイトレイン、MRTと呼ばれる地下鉄の2線があります。地下鉄、BTSともに延線が予定されていますので延線駅近辺の土地の高騰が予想されます。

5) 購入目的

投資用として、住居用、賃貸用として、様々な購入目的があります。目的によりご紹介する物件は異なって参りますので、事前に購入目的を明確にされる事をおすすめいたします。投資用としてやはり魅力的なのはプレビルド物件(建設前)です。タイでは建設前と建設後では大きく価格が高騰するケースも多く、近年はその傾向が続いております。

6) 利回りについて

賃貸として貸し出す場合、5パーセントから10パーセントの利回りが予想されます。築年数が経っている物件は土地価格の高騰により非常に利回りの高い物件もございますが、最近できた築浅の物件の場合、利回りは決して良いとは言えません。ただ固定資産税がないこと、キャピタルゲインが狙えること、また、今後の物価上昇も考慮すると日本よりもメリットは多いと言えます。特にプレビルド物件ではキャピタルゲインが期待されます。

日本人駐在員が多く住むスクンビットエリアの物件の賃料は、1ベッドルームで40,000〜60,000バーツ、2ベッドルームで50,000〜70,000バーツ、3ベッドルームで70,000〜90,000バーツが相場です。現在人気のスクンビットソイ55(トンロー)付近の人気物件の場合、購入時の価格は平米約180,000バーツ程です。

7) 税金や購入に掛かる費用

手付金(予約金)

約3万~10万バーツが相場です。デベロッパーやオーナーによって異なります。

頭金

物件価格の5~15パーセント程度をデベロッパーやオーナーに支払います。

分割支払金

物件価格の20~40パーセント程度を分割で支払います。分割の回数や支払い金額は物件によって異なります。

残金のお支払い

販売価格から、手付金、頭金、分割支払金などすでに支払った金額を差し引き、残金を一括で支払います。日本から円建てでの送金が必要になります。

登記費用

登記費用は物件購入価格の約2パーセントです。中古物件の場合、登記費用の負担は相談。新築物件の場合はデベロッパーと半額ずつの負担というケースも多くあります。

共益費

平米あたり30〜50バーツ/月を支払っていきます。通常お支払いは1年に1度です。

(例)60平米のユニットを所有、共益費は30バーツ/平米の場合

毎月の共益費  60平米×30バーツ=1,800バーツ/月

1年分     1,800バーツ/月×12ヶ月分=21,600バーツ

8) 物件タイプ

① プレビルド物件

建設前の新規予約受付物件をプレビルド物件と呼んでおります。タイでは建設前が最も販売価格が安く、完成後は価格が高くなっている傾向にあります。プレビルド物件の魅力は何と言ってもキャピタルゲインを狙える点にあります。建物完成までのお支払いは、予約金とその後の分割支払金ですので、完成前に売却すれば小額の投資で高い利益を確保出来る可能性があります。物件によっては完成直後に1.5倍ほど値上がりするケースもあります。

② 中古物件

すでに建設済みの物件を指します。新築、築浅物件から築10年以上の物件まで様々です。すぐにご入居したい場合にはおすすめです。投資用としてはプレビルド物件には劣りますが、間違いの無い物件を選択すれば賃貸用としても魅力があります。

9) 投資目的で考察するエリア

① スクンビット( BTSアソーク駅からエカマイ駅までのエリア)

バンコクで最も多くの日本人の方が住んでいるエリアです。日本人学校や日系幼稚園に通うお子様がいらっしゃるご家庭は、通学、通園バスの運行エリアから考えて、まずこのエリアから物件を探すことになります。日本語通訳が常駐する「サミティヴェート病院」や「バンコク病院」へのアクセスもよく、日本食材の豊富なスーパー「フジスーパー」や「ヴィラマーケット」、「トップススーパーマーケット」などがあります。レストランも多く、高速道路へのアクセスも良いため、ご単身の方にも大変便利です。初めての海外赴任の方でも安心して新生活をスタートさせることができます。

② スクンビット( BTSナナ駅からアソーク駅までのエリア)

BTSアソーク駅直結の百貨店「ターミナル21」が完成し、昨今急激に利便性の高くなっているエリアです。BTSアソーク駅周辺は欧米人の方が多い高級レジデンスが多く、日本人が少ないエリアをご希望の方にはオススメのエリアです。BTSナナ駅周辺は雑然とした雰囲気の繁華街で、西洋人、アラブ人、韓国人、中国人など様々な国籍のツーリストが多いエリアです。ソイ3には日本人の奥様方に絶大な人気を誇る産婦人科がある「バムルンラート病院」があります。アユタヤ方面に向かう高速道路へのアクセスが良好です。

③ プルンチットエリア

BTS駅プルンチット、チットロム、サイアム、ラチャダムリ駅周辺のエリアです。日本人の方が少ない、ただ利便性は高いエリアをご希望のご単身の方、ご夫婦の方にピッタリのエリアです。このエリアのスーパーは、日本食材こそ多くはないですが、チーズやワインなど欧米の食材が豊富に取り揃えられているスーパーが多いので、「日本」にこだわらない方には海外生活を満喫できるエリアです。美味しいと評判の高級イタリアンレストラン、フレンチレストラン、ワインバーなどもこのエリアに多いです。また、日系大手百貨店の「伊勢丹」や高級デパート「セントラル」や「パラゴン」もこのエリアにあります。高級物件も多くグレードの高い物件をお求めの方にオススメのエリアです。

④ シーロム、サトーンエリア

バンコク随一のオフィス街であるシーロム、サトーン通りは、日系企業も多く入居しているオフィスビルが乱立しています。シーロム通りは有名な歓楽街である「パッポン」や「タニヤ」があり、ツーリストも多く、外国人用のスーパーやレストランも多いのでご単身の方には便利です。サトーンやナラティワート通りにお住まいになる場合は、徒歩圏内にスーパーやコンビニエンスストアーがないことが多いので注意が必要です。この辺りの土地価格はバンコクでも高く、伴って物件販売価格も高くなります。

⑤ プラカノン、オンヌットエリア

これから要注目の新興エリアです。BTSの延長によりコンドミニアムの建設ラッシュとなっています。まだまだ空き地も多いので今後ショッピングセンターや大型コンドミニアムの建設が予想されます。

⑥ ラチャダーエリア

大型デパートなども多く現在急成長中のエリアです。地下鉄沿線には新築物件が多く建設中です。夜も賑やかでディスコや夜中まで営業しているホイクワーン市場もあります。今後の更なる発展が見込まれる新興エリアです。

⑦ ラップラオエリア

タイ人に人気のあるエリアです。飲食店や大型デパートも多くタイ人の生活には非常に便利。地下鉄、BTSの延長により今後期待されるエリアでもありますが既に土地の価格は高くなって来ています。

⑧ トンブリーエリア

昔ながらの町並みが残る風情あるエリアです。BTSの延長により駅周辺にコンドミニアムの建設が目立ちます。

⑨ パタヤ

バンコクから南東へ約150キロ離れたチョンブリー県にあるリゾート都市です。 バンコクから車で約2時間、スワンナプーム空港からならわずか1時間半あまりというアクセスの良さも手伝い、年間を通して世界中から観光客が訪れます。 ビーチでの様々なマリンスポーツが年間を通じて楽しめ、ナイトライフやショッピングが充実しており、日系企業の工場が多くあるシーラチャやラヨーン方面へのアクセスも便利です。バンコクよりも販売価格が低く設定されているのも購入し易い一因でしょう。

弊社ではプレビルド物件、中古物件ともに取り扱っております。タイでの不動産投資にご興味がございます方は是非お問い合わせ下さい。

物件を探す








運営会社

BKKcondo.bizはタイ、バンコク、パタヤの高級コンドミニアムを取り扱う株式会社Domus Real Estate Developmentが運営しています。信頼と実績がある日本人スタッフがタイでのコンドミニアム探しのお手伝いをさせて頂きます。